個人信用情報機関とブラックリスト

個人信用情報機関とブラックリスト

よく借金に関する話でブラックリストという言葉が登場しますが、これはありません。過去の借り入れなどの情報が登録されているのは個人信用情報機関であり、ブラックリストではありません。

 

適切に情報が管理されていますので、何か恐ろしいことになる、悪用されるとは思わなくても大丈夫でしょう。どのような情報が個人信用情報機関に登録されているのかというと、取引履歴を挙げることができます。

 

現状や過去の借り入れ状況、延滞情報、自己破産など、多岐に渡ります。

 

なお、個人信用情報機関に登録されている情報は、お金を貸す側が見ることが可能となっています。先述したような情報を参照し、お金を貸してもいいのかどうか、審査に役立てているのです。また、勝手にそのような情報を調べられたら困るという人もいるでしょうが、消費者金融などとの契約時に同意しているのです。

 

書類を熟読し、嫌なら利用しないということしか、個人信用情報機関に情報が提供されることは防げないのではないでしょうか。悪いことしかないように思えるかもしれませんが、特に延滞などの問題を起こさなければ、逆に限度額が増加したり、審査に通りやすいなどのメリットがあります。

 

しっかりと遅れることなく返済している、完済していると判断されれば、楽なお金の借り方ができるでしょう。

 

なお、個人信用情報機関に登録されている情報は永遠にそのままというわけではありません。5年や10年など情報ごとに削除されるまでの期間が決まっていますし、自分の情報を知りたい人は開示請求をすることも可能となっています。